魔王軍の救世主(メサイア)~「聖剣を使わないのは勇者ではない」と言われ追放されたが魔王に惚れられ結婚しました。人間達は俺が敵に回ったのを後悔しているようですがもう遅いです~

著者:WING

 魔族との争いが続き人類は追い込まれていた。
 そんな中、人類から一人の勇者が選定された。
 選定された勇者の名は、レイド・エーアスト。
 劣勢だった人間軍だが勇者レイドが加わったことで戦況は一転し優勢となった。
 だがそんな状況にも関わらず人間のお偉い達とその仲間達は、聖剣のみを使わない力任せな戦闘をするレイドへと、
「聖剣を使わないのは勇者ではない」
 と告げて追放し、さらにはありもしない罪を着せられてしまったのだ。
 そしてレイドは敵では無くなった魔族が暮らす魔族領へと行き魔王に挑み勝利するが……
「惚れた。勇者よ、私と結婚してくれ!」
 これは追放された元勇者レイドが可愛い魔王と結婚してイチャイチャしながらも、魔族を勝利に導く物語。
 感想は全て目を通させて頂いております。
※この作品は『小説家になろう』『アルファポリス』にも掲載しております。…続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました