じれじれの小説一覧

エブリスタ

フォンダンショコラな恋人

宝条翠咲はとある保険会社の『査定』という支払を担当する部署で、主任として働いている。 現在引き受けている案件が、弁護士への相談が必要であり、顧問弁護士に相談することとなったのだが、その顧問弁護士である倉橋がとにかく感じ悪いのだ。 淡々と「ダメです。これでは無理です」と返してくる倉橋弁護士に翠咲は....
著者 : 如月そら
エブリスタ

Off the record.

「Off the record. 」 【意味】記録にとどめない、非公式 出版社のデジタルコンテンツ(電子書籍)部 社会人5年目、仕事一筋に邁進中の 榛世 あすみ(28)は、 担当中の人気作家から、とある依頼を受ける。 《ちょっと一発、 "ドキドキのオフィスラブ"、かましてきてくれない?》 「…....
著者 : 柑実 ナコ
小説家になろう

部活中、こっそり好意を伝えてくる子猫な後輩が可愛い

「先輩、この本めちゃくちゃエモいんですよ」 文芸部の後輩、七咲雪菜(ななさき ゆきな)が部活中にそんなことを言い出した。 「ようするに、その本を読んでくれと?」 「ですです。一緒に感動を分かち合いましょう」 「お互いに感性が違うんだから、感動を共有するのは無理だろう」 「もー! またそういう無粋なこ....
著者 : 青季 ふゆ
小説家になろう

二度目の恋は甘やかに

 第二師団副官のイリーナは、第一師団長のセドリックから、次期女王アリシアの「龍の試練」の護衛のために、団を移動するように依頼される。失恋の痛みから逃れるため、イリーナはセドリックの隊に移動する。アリシアを守りながら龍の洞に進むイリーナは、軽いと思っていたセドリックの仕事の顔に触れているうちに、次第に....
著者 : 秋月 忍
小説家になろう

幻獣姫と冷徹侯爵の契約結婚

※割とトラウマな過去を持つヒーローなのでご注意ください。 「この娘だ、この娘にする」 そう言ってナージャを『買った』のは、ベルグラッグ王国、医の位を戴くディアス・ハーデン侯爵だった。 ナージャは人の世界に生きたことがない。 赤子の頃に幻獣の森に捨てられた彼女は、フェンリルの子と共に野山を駆け回り....
著者 : 真波潜
小説家になろう

小6の女の子に告白されたけど、事案になっちゃうから断ったら、法律上は問題ないってどういうこと???

主人公の誠人(まさと)は20歳の大学生。 誠人は近所に住む小学校6年生のはるみに、何故か異様に懐かれている。 そんなある日、突然はるみに告白される誠人。 当然事案になってしまうので断ったところ、はるみの口から衝撃の事実が告げられて……!?....
著者 : 間咲正樹
小説家になろう

心に傷を負った者同士で慰め合っていたら白雪姫(学校一の美少女)とバカップル認定されていた件

連載開始8日目で1万ポイント突破。 高橋隆史(たかはしたかし)は幼馴染みに告白してフラれてしまい屋上に行くと、そこには泣いている女の子がいた。 学校一の美少女、白雪姫と呼ばれている白雪姫乃(しらゆきひめの)だ。 フラれたショックがあるものの我慢して泣いている理由を尋ねると、姫乃のことを気に喰わない女....
著者 : シュウ
カクヨム

財閥のお嬢様と始める偽装交際~「これは契約だ」と思っていたはずが、何故か財閥の総力をかけて甘やかしてくる~

「世の中、金がすべて」を持論に掲げる赤坂悠斗はある日、総資産数百兆円を数える財閥のお嬢様にして学校一の美少女と称される七星アリスが男子生徒に告白されている場面を目撃する。告白を断ったことで男子生徒から罵詈雑言を浴びせられているアリスを見て、悠斗はあることを思いつく。それは、アリスとの偽装交際だった。....
著者 : 戸津 秋太
カクヨム

リア充、ボッチに堕ちる〜八方美人はやめだ。彼女を救えるなら全員に嫌われてもいい〜

一条蓮は、持ち前の洞察力で上手く立ち回り、クラスの中心人物の一人として生活していた。 それと対極に位置し、孤高に生きる一人の女子、八代凛。冷徹で警戒心の強い彼女のことが、蓮は正直苦手だった。ーー苦手なはずだった。 だが、あるきっかけから話すことになり、段々と打ち解けていく。彼女を知り、彼女を助けたい....
著者 : 午前の緑茶
小説家になろう

手紙で婚約破棄されて家も追い出されそうになったけど毎日手紙を届けてくれていた騎士様のおかげで居場所が見つかりました

意地悪な義父と義姉との暮らしはとても辛いものだった。 早く結婚してこの家を出て行きたいが、騎士見習いの婚約者との結婚までは一年ある。 そんな中、毎日王宮勤めの騎士が届けてくれる婚約者との手紙のやり取りだけがユリアーネの心の救いであった。 しかしある日届けられた手紙の内容は、婚約を破棄したいというもの....
著者 : まひろ
タイトルとURLをコピーしました