竜翔伝 ~小説を書き終えなかった男と書き終わってもらえなかった小説の中に生きる者たち~

2020年、流行したとある新型ウイルスの影響を受け、リモート勤務をすることになった翔太。最近はタブレットやスマートホンで事足りるため、デスクトップパソコンを使うことなどなくなっていた。リモート勤務に使えるかと、翔太が久しぶりに起動したPCで見つけたのは当時のアニメやラノベに影響されて書いていた小説「竜翔伝」。舞台は三国志や、戦国時代のような世界観。登場するキャラクターは、翔太をその世界に無理矢理引きずり込んだ謎の少女、そして、戦国シミュレーションゲームのときに事あるごとに必ず翔太が作成していた常連キャラクター達と、翔太も知らないオリジナルのそこに生きている者たち。一人の少女との出会いが、書き終わることのなかった小説の世界にどのような影響を与えるのか。残された者たちがどのように生きてきて、この先どのような選択をしていくのか。また、ある意味小説世界の創造主である翔太が自分の創り出した世界をどのように生きるのか。未完の小説のその先の物語。

※2021年1月23日 小説のタイトルとあらすじを変更しました。
※誤字脱字、気を付けていますが、あると思います。遠慮なく報告してください。
 報告いただけた方、読んでいただけてありがとうございます。報告、本当に感謝しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました