罰として森の番人を命じられましたが、魔物が跋扈する森だし、私は何の力も持たない男爵令嬢です

著者:新 星緒

身に覚えのない罰を与えられ、魔物が跋扈する森の番人を命じられたミレイユ。彼女は魔法も剣もできない。

──これはきっと魔物に食べられてしまえということなのだわ。

そう覚悟したミレイユには、ひとつ、後悔があった。三ヶ月前、王子クリストフをひどく傷つけてしまったのだ。

罰として森の番人を命じられましたが、魔物が跋扈する森だし、私は何の力も持たない男爵令嬢ですのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました