立場逆転・島流されたらスクールカーストが崩壊しました

著者:鏡銀鉢

 超能力者が生まれるようになってから18年が経った21世紀の日本。
 まだ中高生ながら、存在を危険視された彼ら彼女らは廃島に強制移住させられてしまう。
 すると、戦闘系能力を持つ男子たちが島を牛耳ろうと暴走。女子に襲い掛かる。
 だが、主人公とヒロインはほぼ同時に迎撃を始めて意気投合。
 女子たちを連れて廃村へ逃げる。
 図らずも、主人公は女子村唯一の男子として、彼女たちを守りながら、島の生活を快適にすべく、みんなで楽しく開拓を始める。
 一方で、他の男子たちは主人公とヒロインたちに撃退されたり内輪もめで潰し合い、転落していく。
 最初の行動で天地以上の差がついてしまう開拓系ざまぁラブコメ開幕。
※※ 著者紹介 ※※
 鏡銀鉢(かがみ・ぎんぱち)
 2012年、『地球唯一の男』で第8回MF文庫Jライトノベル新人賞にて佳作を受賞、同作を『忘却の軍神と装甲戦姫』と改題しデビュー。
 他の著作に、『独立学園国家の召喚術科生』『俺たちは空気が読めない』『平社員は大金が欲しい』『無双で無敵の規格外魔法使い』がある。…続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました