好きな子の幸せを願って身を引いたのに、学園一のイケメンモテ男を振った彼女が俺を追ってきたのだが

著者:月野 観空

俺、岡本透夜には、大事に想う女性がいる。
その女の名前は、本谷岬。昔からの幼馴染で、誰よりも幸せになってほしいと願う相手だ。
そんな岬に惚れている男を、俺は一人、知っている。
そいつの名前は、篠原礼音。学園一のイケメンモテ男で、まるで理想的な主人公みたいな男で……そして俺の親友だ。
その礼音がある日、ついに岬に告白することにしたのを知った俺は、二人の幸せのために自ら身を引くことを選ぼうとするのだが……。
「透夜くん、どうして最近つれないんですか?」
「透夜くん、私、寂しいです」
「透夜くん、透夜くん、ちゃんとお話し、してください」
……なんと岬は、女子ならば誰もが憧れるような男である礼音を振って、俺なんかのことを追ってきたのである。
突き放そうとしても離れない。距離を置こうとしても、応じない。
これは、そんな俺と彼女の、じれったくてもどかしい、ハートフルな物語。…続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました