それはまるで陽だまりの…

ほんわかするような、そんな気持ちになれるような短編を。
幸せの在り方は一つじゃないけれど、それでも何か少しでも「幸せだな」と感じてもらえるような物語を。
あなたへ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました