婚約者の居る人を好きになってしまいました

 子爵令嬢シュザンヌは、王立学園に通う16歳。社交が重んじられる国柄故、学園内にはたくさんのサロンが立ち並び、日々派閥争いが繰り広げられていた。けれど、シュザンヌはそういったものに価値を見出せず、華やかなサロンからは離れ、学園内に密かに存在する図書館へと通うように。
 そこで彼女は、アントワーヌという侯爵令息と出会う。自身と多くの共通点を持つアントワーヌと過ごすことは楽しく、シュザンヌは急速に彼へと惹かれていく。
 しかし、アントワーヌには学園で一二を争う派閥の主、シャルレーヌという婚約者が存在していた。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました