「これ先輩の裏アカウントですよね」後輩の金髪美少女に脅されて、学園の美少女全員攻略する羽目になりました。

「これ先輩の裏アカウントですよね?」

 学校一の美少女、鈴木・ステラ・桜花の手に持つスマートフォーンには僕が働いている執事喫茶でのSNSアカウントが表示されている。

「へ~~普段のグルグル眼鏡の先輩と違ってこっちはかっこいいんですね~、なんで普段隠してるんですかね~?……先輩ばらされたくなかったら、学校の女全員を先輩のものにしてくださいよ。」
「いや……そんなこと言われても……」
「せ・ん・ぱ・い!ばらされたくないんですよね?」

 く、くそぉ……でも、女をものにするって、本当に好きな人以外にそういう考えしたくないし……

 ……はっ!?

 とりあえず…、好みの女性にアタックして失敗し続ければ時間を稼げるのでは!?
 僕は悪魔的なことに気付いてしまった……。時間稼ぎ……なんて悪魔的なんだ…。

 

 この時、少年は大惨事ハーレムが成立することを知らなかった。

「これ先輩の裏アカウントですよね」後輩の金髪美少女に脅されて、学園の美少女全員攻略する羽目になりました。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました