【短編】「双子の兄が『ここは乙女ゲームの世界で自分は卒業パーティで断罪される悪役令息だ』と騒ぐので、妹の私が男装して学園に入学しました」

著者:まほろん

王子「アルビー・レーヴィット! 貴様を断罪する! レーヴィット公爵家を取り潰し、貴様を国外追放する!」私「理由は?」王子「貴様がクロリス・ザイドル男爵令嬢を襲ったからだ! ザイドル嬢は貴様の子を宿している!」私「証拠は?」王子「クロリスが貴様がやったと証言している!」私「いや、被害者の証言だけで断罪されましても……つうか私女なんでザイドル嬢を妊娠させるのは無理です」王子「なんだと! 貴様が女だというなら証拠を見せろ!(脱げ! 脱げ!)」私(鼻息が荒いんだよ、このスケベ!)

これは「ここは前世でプレイした乙女ゲームの世界で、僕は悪役令息のアルビー・レーヴィット! このままだと学園の卒業パーティで断罪され、僕は国外追放され、レーヴィット公爵家はお取り潰しになる!」という兄の悲痛な訴えを信じた主人公が、破滅フラグをへし折り兄と公爵家を救うため、男装して学園に入学し、卒業パーティでアホ王子とビッチヒロインにざまぁする物語。

アルファポリス、カクヨム、pixivにも投稿してます。

「Copyright(C)2021-九十九沢まほろ」

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました