異世界から聖女が来るようなので、邪魔者は消えようと思います

著者:蓮水 涼

【角川ビーンズ文庫様より書籍化!発売中】
 大国グランカルストの第二王女、フェリシア。きょうだいたちの中で唯一母が違う彼女は、彼らに煙たがられながら生活していた。
 そんなとき、父王が早めの隠居を決行。兄王子が王に即位したため、厄介払いとばかりに遠い異国・シャンゼルに嫁がされることに。
 半年間は婚約者としてシャンゼルに滞在することが決まったフェリシアだったが、お相手の肖像画を見た途端、前世の記憶が蘇って――
「なるほど、このままだと国に捨てられ当て馬になったあげく、失恋引きずって泣き暮らす一生になるわけね」
 そんなのごめんだと、彼女は自身の趣味を武器に、平民となり薬屋として生きていくことを決める。
「ふふ。誰が王太子殿下になんて恋してやるものですか。これで晴れて私は自由よ!」
 これは、思い込みの激しい王女が、ただひたすら間違った方向に突っ走っていく物語である。
*こちらは小説家になろう様にも掲載しております。
*きりがいいため、一度完結表示にさせていただきます。…続きを読む

異世界から聖女が来るようなので、邪魔者は消えようと思いますのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました