エースはまだ自分の限界を知らない[第四部C プロ編]

著者:彦猫

 輝かしい実績を残してプロ野球の門を叩いた若き俊英。しかしそれはこれまでとは全く違う世界の様相を見せる。
 成功も失敗も、全ては運と能力次第。小さな体で振るバットの明日はどっちだ。
 ※「エースはまだ自分の限界を知らない」第四部のCパートとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました