隠れ姫の偽り事

著者:真山空

女騎士マローネの恩人であるサフィニア姫は、母と弟をある事件で亡くして以来、ひっそりと人目を避けるように隠れ暮らしており、心ない者からは“隠れ姫”と揶揄されていた。
不遇な立場に追いやられていた姫の元へ、かつての恩を返したいと駆けつけたマローネは、別人のように冷たくされても全くめげずに、一心にサフィニア姫を慕う。
そんな彼女に、“隠れ姫”もほだされていくのだが、なんだか時々様子が変で……?
――“隠れ姫”の偽りが剥がれ落ちた時、マローネは、隠れていた“彼”と向き合う事になる。
(小説家になろうにも投稿してます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました